事故時には弁護士が一番頼りになる

CATEGORY

UPDATE POST

2018年07月26日
弁護士がいると無駄なトラブルが防げるを更新。
2018年07月26日
難しい法律絡みのことも弁護士に一任を更新。
2018年07月26日
交通事故の処理は落ち着いて対処しようを更新。
2018年07月26日
弁護士を利用したことが無い人も交通事故で困ったらを更新。

CALENDAR

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

交通事故に遭ってしまった場合は弁護士の手を借りよう!

交通事故の被害に遭ってしまった場合、一体どのように対処したら良いのか分からない人もいると思います。交通事故に遭ってしまった場合にはパニックにならないように落ち着いて行動する事を心がけて下さい。まず交通事故に遭った場合、負傷者が居れば迷う事なく救急車を呼びます。負傷者がいた場合これは絶対です。負傷者の救護義務は道路交通法で定められています。次に警察へ連絡を行います。警察への報告を行わなかった場合も刑事罰に問われる場合もあります。また、警察の事故現場の検証は過失割合の決定や保険金の支払いなどにおいて非常に重要です。迷わず警察に連絡しましょう、また、自分でも相手方の住所や氏名、年齢、車のナンバーなどについてしっかり聞いてメモを取ったり写真に記録しておくなどしましょう。可能であれば会話を録音しておくのが理想です。
その後、もし外傷が見当たらない場合であっても病院には行きましょう。その時は分からなくても目に見えない部分に思わぬ怪我を負っている可能性があります。見た目に異常が無いからといって安心は出来ません。そして交通事故の損害賠償請求をする前に事故問題に強い弁護士に相談しておくようにしましょう。弁護士の方に介入してもらう事でトラブルを防いだり賠償金が増額されるケースもあります。とはいえ交通事故には遭わない事が1番理想です。普段から交通事故に遭わないように気を付けましょう。

交通事故にあったら早い段階で弁護士を呼ぶのが重要

交通事故は、誰にでも起きます。最近は、ドライバーの質が落ちてきたのか、実際の衝突事故になりかけた事象を含めると相当数の交通トラブルがあります。最近話題の「あおり運転」からのトラブルなどは、ヒヤリとするだけでなく、実際に衝突事故になったり、当人同士の揉め事や暴力沙汰にもなりかねません。
実際に交通事故になった時も、警察を呼んだり、弁護士を呼んだりするのを面倒くさがって、当人同士で解決しようとすると、個人的に非合法な金銭を要求されたり、暴力沙汰になって、話が余計に難しくなるケースも少なくありません。まして、警察官も、忙しい身なので、早く終わらせたいため、小さい交通事故や交通トラブルの場合、警察官の決め付けで、交通事故を間違った方向に処理してしまうこともあります。
このため、弁護士に依頼することが、自分の身を守るための有効な手段なのです。とはいっても、普段から、弁護士を依頼したり、弁護士事務所との関わりがないと、なかなか急に弁護士の手配は出来ません。そのためにも、普段から、弁護士事務所をリサーチしておくとか、実際に弁護士と面会して、交通トラブルの対処の仕方を聞いておくとか、事前の準備が大切です。最近は物騒な話が多いです。なので、交通トラブルに巻き込まれたら、なるべく当人同士で片付けようとしないで、弁護士に依頼して、自分の身を守りましょう。

こちらの交通事故専門の弁護士を探すサイトは、日本全国の弁護士を探すことができるポータルサイトです。

LATEST CONTENTS

弁護士がいると無駄なトラブルが防げる

交通事故は弁護士に任せれば安心! 交通事故の被害に遭った場合、加害者側との間で怪我の治療費や慰謝料…

続きを読む

難しい法律絡みのことも弁護士に一任

交通事故の被害にあった場合の弁護士費用について 万が一交通事故の被害者になられた場合、まずは弁護士…

続きを読む

交通事故の処理は落ち着いて対処しよう

交通事故で被害に遭ったら弁護士に相談で有利に! 交通事故の被害に遭ってしまったときに避けて通れない…

続きを読む

CHOICES