弁護士を利用したことが無い人も交通事故で困ったら

CATEGORY

UPDATE POST

2018年07月26日
弁護士がいると無駄なトラブルが防げるを更新。
2018年07月26日
難しい法律絡みのことも弁護士に一任を更新。
2018年07月26日
交通事故の処理は落ち着いて対処しようを更新。
2018年07月26日
弁護士を利用したことが無い人も交通事故で困ったらを更新。

CALENDAR

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

交通事故の被害にあった場合の弁護士への依頼方法

あなたが交通事故の被害者になってしまった場合、まず何をすべきでしょうか。あなたにケガがある場合は、まずは速やかに病院に行くことが大切です。そして病院の次に最優先にしてほしいことは、弁護士へ交通事故の事件処理を依頼することです。これは、決して後回しではなく、速やかに行う必要があります。
それは、取り返しのつかない不利な約束をしてしまわないためです。仮に交通事故の加害者や、加害者の加入する保険会社が、示談金を提示してきても、すぐにそれに応じてはいけません。不当に低い金額のこともありますし、あとで後遺症が発覚することで、さらなる賠償が必要になることもあるからです。そうはいっても、弁護士に知り合いもいないから、誰に頼んでいいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
この点、交通事故の事件処理というものは、よほど珍しい事故状況でない限りは、かなり定型化された弁護士業務であるといえます。基本的には、どの弁護士に依頼されても、受け取れる賠償金が大きく変わることは無いといわれています。もちろん、抜群に腕のいい弁護士が、高額な賠償金を勝ち取ることはあるかもしれませんが、「腕が悪かったから、不当に低い金額になってしまった」ということは、通常ないと考えられます。そのため、近所の法律事務所や、広告等で見かけた法律事務所にまずは気軽に相談をしてみるのもいいでしょう。

交通事故は時に弁護士を利用するメリット

自動車事故、自転車事故、歩行者事故を問わず、だれしも交通事故の被害者になることがありえます。不幸にして交通事故の被害にあってしまった場合は、迷わず弁護士に相談をしましょう。ここでは弁護士に相談することのメリットをご紹介します。
第一に、すぐに弁護士に相談をすることで、初期段階からの交渉を弁護士に依頼できるメリットがあります。交通事故の被害にあった場合、加害者本人や、加害者の加入する保険会社と、賠償等について交渉をする必要があります。そうはいっても、加害者側が自分に非は無いと言い張ることもありえますし、交渉のプロである保険会社に、低い賠償金額で言い来るめられてしまう可能性があります。こんなとき、弁護士に依頼すれば、以降一切の交渉を弁護士が行い、被害者本人に、直接、相手方から連絡が来ることはありません。
第二に、受け取る賠償金の増額が期待できるメリットがあります。加害者側の保険会社は最初、保険会社独自の算定基準により賠償金を提示していきます。しかし、それらは多くの場合、裁判を行った場合の金額より、かなり低めにされているのです。これを弁護士が交渉すれば、裁判を行わずとも、裁判を行った場合に近い金額を引き出せる可能性があるのです。万一交通事故にあってしまった場合は、速やかに弁護士に相談をしましょう。

LATEST CONTENTS

弁護士がいると無駄なトラブルが防げる

交通事故は弁護士に任せれば安心! 交通事故の被害に遭った場合、加害者側との間で怪我の治療費や慰謝料…

続きを読む

難しい法律絡みのことも弁護士に一任

交通事故の被害にあった場合の弁護士費用について 万が一交通事故の被害者になられた場合、まずは弁護士…

続きを読む

交通事故の処理は落ち着いて対処しよう

交通事故で被害に遭ったら弁護士に相談で有利に! 交通事故の被害に遭ってしまったときに避けて通れない…

続きを読む